2022年05月05日

splidditを使ってみた

昨日の五十嵐歩美氏の動画で紹介されていた、http://www.spliddit.org/ を使ってみた。
内容は彼女が動画で紹介していたものとほぼ同じ。
かなり現実世界を単純にしている。
Divide Goodsというデモをやってみた。ところが、5分くらいProgressinの表示がグルグル回って

We encountered a server error. Sorry for the inconvenience.

なんだよこれっ!単純なアルゴリズムなのに、それすら求められないの?
こんなんじゃ誰も使わないよ。五十嵐さん、何とかしてよ!

数学のテーマとしては面白いかもしれないけど、現実世界にはほど遠いなと感じる。
まず、欲望を数値化することが可能であるという前提。
私のモノの価値の合計と、金持ちのモノの価値の合計が同じく1000であるということはあるまい。
(デモではいくつかの商品が自分にとって何点の価値があるかを評価し、合計が1000になるようにする)
一般人がキャンプに行って遊ぶのと、金持ちがマイアミのビーチで遊ぶのは同じ価値ではない。

だから、有限の資源を金持ちと貧乏人が同じ土俵で分けるという設定に無理がある。
現実世界ではこのような状況はまずない。

年金の問題にしても、年寄世代と、若い人のどこに線を引くのか、中年世代もいづれ年金受給者になるのだから、わざわざ自分の年金を減らすような政策を支持しないだろう。
もっと大胆に大雑把に現実世界を捉えるモデルはどこかに存在しないのだろうか?


【社会の最新記事】
posted by しもす at 23:58| Comment(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: