2022年07月12日

『最後の資本主義』 ロバート・B・ライシュ -1

『最後の資本主義』 ロバート・B・ライシュ

実はマイケル・サンデルの『実力も運のうち』を並行に読み進めているが、事実認識は全く同じ。
現代の資本主義は、労働資本よりも金融資本の方がリターンが大きく、税制においても金融資本の利益の方が有利となっている。
富める者はますます富、中間層の収入は1980年頃からほぼ一定であるから、実質収益は減り、中間層は没落した。
経済的に有利なものは政治力を行使して、自分たちに有利な法律を成立させる。そしてますます格差が広がる。

アメリカ史には産業革命、重工業革命後にも資本と富を独占する財閥が現れ、市民格差が激しい時代も経験したものの、中間労働層とそれに指示された大統領が、格差を縮めることに成功した。現代は、その格差が広がった時代であり、中間層はほぼ没落。搾取は非常に見えにくい形で行われている。

これがPart2までの要約で、Part3からこの財閥勢力に拮抗する勢力は?と話が展開する。Part3はこれから読み進める。

マイケル・サンデルの著書は、この事実を道徳的、精神的な面を強調する。(ライシュにも同じ記述はある)
成功は努力の結果である、といのはアメリカ人の基本的な信念である。その逆に、成功した人も、成功しなかった人も、成功しなかったのは、怠けていたからであると思い込む。
このことにより不成功者は劣等感を抱き、成功者は不成功者を蔑む。成功者と言われるもののうち、CEO、株のトレーダー、銀行家は、店員や介護者のように本当に社会に必要な仕事をしている人達に比べて、収入に見合う何百倍という価値があるのではない。それなのに、収入が自分の価値に見合ったものだと認識してしまっている。
ここに倫理的と道徳の崩壊を見て取る。
成功しなかった理由は、単に努力しなかったからではなく、そのような機会に恵まれなかったため、貧しい家庭や地域に生まれたら、良い大学に行ける確率はぐんと低くなる。決して本人が怠けたためではない。

そして、(ここから先は未だ読んでいないが)努力することも遺伝子によって決まっているのであって、それも偶然手にした幸運であると論じるのだろう。

ライシュの現代は”Saving Capitalism”。彼は資本主義に代わるものを見つけるのでなく、拮抗勢力により、高めていくことを目指している。これからPart3を読み進める。















posted by しもす at 11:48| Comment(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: